2018年01月19日

必勝レッスン2:面接対策の実践

レッスン1で学んだように、面接官…もはや人間のアナとも言うべきところは、「自己防衛本能」なのです。ここの琴線に触れてしまうと、コミュニケーションは途端に破綻してしまいます。

そこで必要となるのが「非カリスマ性」です。カリスマ性とは何か持ってそうな感じということですが、「非カリスマ性」とは「何も持っていなさそう」感のことです。これだけ聞くとなんかダメな感じがしますが、そもそもカリスマな人は一匹狼なのです。他人事だと魅了されますが同僚や友達関係でもそのカリスマ性を出されると付き合いにくくてしょうがないです。このことは皆様も容易に想像できることと思います。さらに実績のないカリスマ性はとてもとてもうさんくさく感じます。だから、人間関係で大事なのは「非カリスマ性」なのです。

皆さんはお若いので、「僕はすごいことできます!」とかっこよくアピールしたいかもしれませんが、それは要するに「厨2病乙!」なのです。そんな進研ゼミの主人公みたいな人と誰も仕事したくないですし、大きな仕事を任せる気も起きません。誰もあなたのシンデレラのような、やり手社長のようなサクセスストーリーを期待していないのです。リアルに実直に、毎日の日常を送れる人を探しているし、そういう人を見ると一緒に働く姿が面接官の頭に浮かんでくるのです。

つまり大事なのは、「私には表しかありません!裏などございません!」アピールをすることです。

その方法をまとめます。どうしても抽象的になってしまいますが、言葉で簡単に伝えられないことだからこそ身につけたときに大きなアドバンテージになると思ってしっかりやってみてください。意識するだけでも違います。

@とにかく「僕の言うことはほんとうなんです。信じてください。」というテレパシーを送るかのように面接官の目を見て話す。捨てられた子犬のような、それでも希望を失わない目で。

A@を多少わざとらしくやる。真剣にやるとただのデグの棒かと思われるので、可愛いのをわかって清純さをふりまくアイドルやヒロインのように、計算高さをにおわせながらうまく演じる。つまり「ある程度自信をもったように、しかし誠実に見つめる」ということです。

Bしかし自信はある程度に!よくやたら堂々としてる人がいますが、それは実績のないカリスマ性、つまりうさんくさいやつです。緊張と自信半々ぐらいの感じです。

C声は大きく。喋り方を治すのは難しいです。ただ早口でもゆっくりでも大きな声は相手に「裏がない」という印象を与えます。聞こえにくく喋ることは「反抗心」があるという印象を与えてしまうのです。

D発言は会話です。セリフではないのです。友達になら話せるエピソードを面接官の前では緊張してしっちゃかめっちゃかになる人がいます。それはセリフを言おうとしてるからです。小論文みたいな起承転結のある話ではなく、友達に話すように思いついた順番で話せばいいのです。もちろん言葉遣いは丁寧に、ですが。小論文みたいに起承転結ある話はうさくさい印象を与えます。

E発言は必ず1番か2番に。2人以下の場合は気にしなくていいですが、3人以上の集団面接の場合は、必ず1番か2番にしてください。単純に心理学的事実として、自分の質問に真っ先に答えてくれる人は内容がなんであれ好印象です。他の人は自分の質問を無視されたという印象になります。だから最低でも2番目に答えてください。

F最後の鉄則です。「基本的には無理はしない」。これに限ります。「最後質問ありますか?」とかDの発言の順番もそうですが、無理は禁物です。Dを重んじるがあまり最初に発言をしたはいいものの何も思いつかなければ本末転倒です。人間は「嫌だな」と思ったときは身体がうまく動かないようにできています。だからライバルに先を越されたと思っても、上記のことを実践できなかったと思っても、焦らず自分のペースで臨んでください。

「レッスン3:面接の準備 §1自己分析」へGO!
posted by バイヤーン at 16:45| Comment(0) | レッスン2:面接対策の実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。